2012年08月24日

化石サンゴは浄水器の濾剤として理想的

化石サンゴは、浄水器の濾材にむいています。表面には活性炭と同じように、細かい穴がたくさんあいていて、ここに汚染物質を吸着します。
サンゴカルシウムは、「多孔質(表面に穴がたくさん空いている)になっていることです。これは化石サンゴがもっているサンゴ特有の形状です。
サンゴカルシウム表面.jpg
これは、活性炭と同じメカニズムで、表面積が広くなり、水にふれる範囲がたいへん広くなります。それによって、汚染物質を吸着させ、ミネラル成分はより溶けやすくなります。

これは活性炭の表面顕微鏡写真です。
活性炭表面.jpg








活性炭の吸着メカニズムは
活性炭メカニズム.jpg


カルシウムの種類からすると「炭酸カルシウム」に分類されますが、カルシウムが炭酸と離れて、カルシウムがイオン化(水に溶けた状態)しやすいという利点があります。

イオン化されやすい=からだに吸収されやすい、ということになります。ですから、サンゴカルシウムの吸収率は40%以上と高いのです。
そして、もう1つの特徴は、その「成分組成」です。
他のカルシウム素材と異なり、カルシウム以外にもマグネシウムや亜鉛、鉄、銅など、多種類のミネラルが含まれています。

特に、沖縄のサンゴカルシウムはミネラル種類が多く、30種類以上のミネラルが含まれていることがわかっています。サンゴ礁は世界中あちこちにありますが、沖縄の海は過去に核実験などもしておらず、汚染されていなくて安心して口にすることができます。

化石サンゴを浄水器の濾材に使うメリットは、水を浄化しながら、同時にカルシウムをはじめとした人体に不可欠な微量ミネラルを摂取できることです。
posted by そら 新藤律瑚 at 14:43| Comment(0) | 浄水器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: