2012年08月21日

安上がりな手作り浄水器、夏休みの自由研究にはいいかも

お金をかけずに、水道水をおいしくすることはできないだろうか? と考えるひとも結構いるのではないでしょうか。市販の浄水器のカートリッジの中味も、汚染物質を吸着させるために活性炭でろ過しているしくみで、構造は単純ですね。

たった750円でペットボトルを使って、水をろ過する道具を提案している記事がありました。

『万病を防ぐ「水」の飲み方・選び方』(講談社刊)の著書もある、東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授ご推薦だそうですが・・・

たしかに、道具は特別なものがいらないし、身の回りにあるもので出来そうですが、めんどくさそう。ここまでやって、水を作るひとがいるだろうか?

子どもの夏休みの自由研究にはうってつけのテーマかもしれませんが。週に一度ガーゼを煮沸?やりますか?
これだけ手間かけるんだったら、数千円の簡易浄水器を買った方が・・・と思ってしまう。

それから、作った水の衛生面だとか、日持ちはどうなんでしょうねえ。なんか不安です。冷蔵庫に入れたとしても4日5日って飲む気がするでしょうか。

塩素が無くなれば、殺菌効果がなくなるわけですから、大腸菌類など細菌がわく心配がでてきます。
手作り浄水器もいいですが、安全性や衛生面も重要ですね。

手作り浄水器.jpg
ここまでして・・・趣味の範囲なら

手作り浄水器作り方.jpg
挑戦してみますか?

「手作り浄水器」で検索すると、弊社の「サンゴの力」も表示されます。手作り浄水器の作り方などを、期待していた方には、期待はずれかもしれませんが、安全で体にもよい水を作るんだったら、このサンゴの力のほうがいいのではないかと思います。

沖縄サンゴカルシウムがとけて、天然のミネラル補給にもなりますし、食用銀のはたらきで塩素を除去したあとの水に細菌がわきません。

1リットルあたり35円ほどかかりますが、自宅で水道水に入れてかき混ぜるだけで出来るし、費用対効果からいっても(上記のペットボトル浄水器より手間いらずでラク)見合うのではないでしょうか。

サンゴの力について詳しく





posted by そら 新藤律瑚 at 17:02| Comment(0) | 浄水器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: